GRAMICCI グラミチ / WOOL BLEND PINTUCK PANTS GLP-20F037 (レディース)
new
5f61bd383ae0f4762e63b5b8 5f61bd383ae0f4762e63b5b8 5f61bd383ae0f4762e63b5b8 5f61bd383ae0f4762e63b5b8 5f61bd383ae0f4762e63b5b8 5f61bd383ae0f4762e63b5b8 5f61bd383ae0f4762e63b5b8 5f61bd383ae0f4762e63b5b8 5f61bd383ae0f4762e63b5b8 5f61bd383ae0f4762e63b5b8 5f61bd383ae0f4762e63b5b8 5f61bd383ae0f4762e63b5b8 5f61bd383ae0f4762e63b5b8 5f61bd383ae0f4762e63b5b8 5f61bd383ae0f4762e63b5b8

GRAMICCI グラミチ / WOOL BLEND PINTUCK PANTS GLP-20F037 (レディース)

¥12,980 税込

送料についてはこちら

  • HEATHER CHARCOAL (S)

    残り1点

  • HEATHER CHARCOAL (M)

    残り1点

  • BLACK (S)

    残り1点

  • BLACK (M)

    残り1点

  • BROWN CHECK (S)

    残り1点

  • BROWN CHECK (M)

    残り1点

  • HOUNDSTOOTH PATTERN (S)

    残り1点

  • HOUNDSTOOTH PATTERN (M)

    残り1点

ブランド:GRAMICCI グラミチ 品名:WOOL BLEND PINTUCK PANTS (レディース) 品番:GLP-20F037 カラー:HEATHER CHARCOAL / BLACK / BROWN CHECK / HOUNDSTOOTH PATTERN 素材:ポリエステル 50% / 毛 42% / ナイロン 4% / レーヨン 2% / アクリル 1% / コットン 1% サイズ:S / M モデル:166cm / M着用 S:総丈 89.5 / 前股上 22 / 股下 67.5 / ウエスト最小 64 / ウエスト最大 84 / ヒップ 94 / 渡り 29.5 / 裾幅 17 M:総丈 92 / 前股上 23 / 股下 69 / ウエスト最小 70 / ウエスト最大 90 / ヒップ 100 / 渡り 31 / 裾幅 18 ブランドのルーツであるクライミングシーンにおける機能性を残しつつ、現代のライフスタイルに合わせたテーパードパンツです。フロントにピンタックデザインを施すことで、シルエットの歪みを軽減しスッキリした印象になっています。腰回りは動きやすくゆとりを持たせ、膝から裾に向かって細くした美脚シルエットです。定番のウール混素材は家庭での手洗い洗濯ができデイリーケアも簡単です。カジュアルにはもちろん、大切なオンシーンにもご使用いただけます。裏付きでウール特有のゴワつきがなく快適な履き心地です。 【GRAMICCI グラミチ】 1982年、カリフォルニアの小さなガレージで産声をあげる。アメリカ・カリフォルニア州中部に位置するヨセミテ国立公園。ロッククライマーの聖地である、このヨセミテで生まれたのが、『GRAMICCI』である。1970年代、アメリカで “ストーンマスター” と呼ばれ、ヨセミテロッククライミングをリードしてきた一人のロッククライマー、マイク・グラハム氏が、当時のクライミングウェアにはなかった、180度自然な開脚を可能にした「ガゼットクロッチ」や片手で調整できる「ウェビングベルト」など画期的なディテールを開発。1982年、これら独自の手法と機能を盛り込んだ『GRAMICCI』のクライミングパンツはカリフォルニアの小さなガレージでその産声を上げた。『GRAMICCI』の考案したデザイン、そして数多くのディテールは、クライミングパンツにおけるひとつの完成形であり、多くのブランドがこのディテールを取り入れている。 タウンユースとしても定着 また、ハードコアなクライミングという環境で開発された機能はそのフィールドをタウン(街)に移した時も、“イージー&カンファタブルなはき心地” で多くの人を魅了している。個人のライフスタイル、そしてファッションが多様化する中、タウンユースのブランドとして定着した『GRAMICCI』も様々なシーン・スタイリングを想定し、素材やシルエットなどで新しい世界観を打ち出している。ライフスタイルブランドとしての “イージー&カンファタブル” の追求、そして“ニュースタンダード”を提案していく。